2010年09月11日

台湾旅行3(四日目)

やはり毎回来てしまう阜杭豆漿
色々と食べ歩いたりすると、朝は優しい味の物が食べたくなる。
日本でも台湾の豆乳を売っているお店はありますが、やっぱり出来立ては違う。

DSC01196_edited-1.jpg




厨房の方もパチリ。

DSC01195_edited-1.jpg




以前は内用(店内で食べる)と外帯(持ち帰り)のレジは別だったけれど、今は一緒。
混雑時には行列ができて1時間近く並ぶとか。
やっぱり7時くらいに来ると、ゆっくり食べられます。
鹹豆漿と油條です。
注文時に鹹豆漿はラー油を入れるか聞かれますが無しで注文。

DSC01197_edited-1.jpg


DSC01198_edited-1.jpg




フルーツを今日中に食べなければいけないというのがあって、冰豆漿はパスしました。
自分の家でも鹹豆漿が作れたらいいのになぁ。
さて、ホテルに戻ってフルーツ三昧。
MRT雙連駅の近くの果物屋さんで、ちょうど龍眼を束ねているところに!
1枝に1-3個くらい生っているのをブーケのように束ねています。
こちらのお店は量り売りでした。

DSC01200_edited-1.jpg


DSC01199_edited-1.jpg


DSC01201_edited-1.jpg



外側の殻を取ったところ。
甘栗以上に楽に取れます。

DSC01203_edited-1.jpg



不味い物ハンターの方が気になっているのは、「津津蘆筍汁」ではないでしょうか。
台湾に行く度コンビニで見かけるブツです。
一般的な飲み物で人気があるという情報を入手し、今回購入。
本来ならば不味い物ハンターのD氏に持参すべきなのであろうが、
今回は預け手荷物なしの旅行だったので、己が人柱になる決意を固める。

ビタミンEと葉酸を含んだ20%アスパラガスのジュース。
しかも「蔬菜中的貴族」と書いてあり、野菜の中の貴族ときたw

DSC01204_edited-1.jpg



横にはなぜかビキニの金髪のお姉ちゃん。

DSC01206_edited-1.jpg



意を決してコップに注ぐ。
匂いは既にアスパラガスだ。

DSC01207_edited-1.jpg




思い切って一口ゴクリ



ヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノ 



( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



_ノ乙(、ン、)_



すみません、言葉にできません。
アスパラガスの青臭さに、透明なミックスジュースの甘さをプラスしたかのような飲み物。
私の中の飲み物ランキング中、No1のルートビアの次の席に据えたいと思います。
楊桃汁は3位になってもらいました。

なんでこれが台湾で一般的に好まれて飲まれているんだろう…。
慣れたら美味しいのか?いや慣れたくない。
いつか不味い物ハンターのD氏に送って差し上げたい。

こんなこともあろうかと、龍眼は10個残しておいたのが幸いでした。
口直しに食べて連れ共々正気を取り戻しました。



桃園空港に移動し、チェックイン後にタピオカミルクティー。
フードコートが改装されてスタバが見当たらなかった。
夜市の屋台村みたいな場所もあって、時間があったら行ってみたかったな。

DSC01208_edited-1.jpg


DSC01211_edited-1.jpg


機内食は鳥のすき焼き風だったと思う。
ちょっと大味だけど、割と美味しい。

DSC01212_edited-1.jpg



帰りもスカイアクセスで都内に戻り、早めに寝ました。

[ 四日目終了 ]
posted by AE-1 at 22:00| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾旅行3(三日目)

台湾旅行3(三日目)

昨日の食べ過ぎの胃を抱えながら、7時前にMRTに乗って善導寺駅へ。
台北に来たら朝食はここに行かねばと思っている阜杭豆漿
今回の旅行で一番驚いたのは、このお店がが改装されて綺麗になっていたことだった。
お世辞にも綺麗とはいえない建物の2階で、初めて行った時は一階は廃墟状態だったしw
それがカフェかフードコートか、そんな感じになっていました。

DSC01147_edited-1.jpg


DSC01148_edited-11.jpg


DSC01149_edited-11.jpg




ちなみに昨年の様子はこちら
綺麗になった分、少し値上がりしています。

DSC01150_edited-1.jpg




相変わらず優しい味付けでホッとします。
鹹豆漿(茶碗蒸しスープみたい)、冰豆漿(冷たくて甘い豆乳)と油條。

DSC01151_edited-1.jpg


DSC01152_edited-1.jpg




こちらのお店は通勤時間前になると非常に混み合いますので、7時くらいまでに行かれることをお勧めします。

食後のコーヒーならぬ冰豆漿を飲みながら、本日の予定を考える。
思えば観光地らしい観光をしていないのではないかと思い、一つくらい行ってみようと思い中正紀念堂へ。
気温は既に34度近いと思われます。
そんな中を白い大理石に囲まれた一帯は、照り返しもあり暑かったです。

DSC01155.jpg


DSC01161_edited-1.jpg




このような場所に立つと、三国志のDVDなどに出てくるシーンを思い出してしまった。
人さえいなければ、曹操とか劉備をちょっと真似したい気分になりますね。

DSC01168.jpg




衛兵の交代を途中から眺め、その後は忠孝復興駅に周辺を散策することにしました。
こちらは交代後の衛兵さん。

DSC01163.jpg




駅に程近い台湾牛乳大王でパパイア牛乳で一息。
一休みのつもりが、椅子に根が生えてしまったようですw

DSC01182.jpg


DSC01170_edited-1.jpg




そこから2分くらいの所に、魚丸湯が美味しかった佳興魚丸店の姉妹店があることを思い出して易牙妙手食堂で昼食。
魚丸湯と乾麺を注文。
メニューは赤ペンで個数を書いて店員さんに渡す方式。

DSC01179_edited-1.jpg


DSC01175_edited-1.jpg


こちらは魚丸のみで、佳興魚丸店のようにツミレが入らない。
乾麺はこの店は少しソースのような味がする気がします。
好みだと思いますが、私は佳興魚丸店の優しい味が好きかな。

さすがに疲れたのと暑いのとで一旦ホテルに戻りました。
ハイティークーポンがあったので、午後にお茶をしながらどこに行くかを考えることにしました。
そして出てきたものはこれだw

DSC01183_edited-1.jpg





恐ろしい子状態です。
スコーンとクッキーくらいを想像していたので驚きです。
出てくる時間が遅いわけです。

遅めに家を出て、初日に行った明月湯包で夕食。
やっぱり小龍包を食べました。

DSC01186_edited-2.jpg


DSC01187_edited-1.jpg




帰宅途中で購入した物など。
持ち歩きに便利なバナナ(バナナ味のグミ)とポテトチップスに太巻きの絵がw
このポテトチップスの箱に「微笑一片片」とあります。
味見される方が楽しみだwww (ちなみに普通に美味しかったそうです。)

DSC01191_edited-1.jpg


DSC01190_edited-1.jpg



問題はこのジュースと睨みました。
今夜はとりあえず、熟したパパイアと釈迦頭を食べよう!

DSC01192_edited-1.jpg


DSC01193_edited-1.jpg


DSC01194_edited-1.jpg




(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

[ 三日目終了 ]
posted by AE-1 at 18:11| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾旅行3(二日目後半)

野柳から海岸沿いに北上し、台北県石門郷の新十八王公廟に。
巨大な犬が祭られている。

DSC01132.jpg



ちょっと怖いお顔だw
DSC01134_edited-1.jpg


 

海岸沿いをさらに北上し、金山で昼食。
途中、テレサ・テンさんのお墓がある台北県金山郷の金宝山墓園も通過した。
金山は台湾の北海岸唯一残されている清朝時代の古い街で、
休日になると慈護宮に御参りに来る方で大変な賑わいだそうです。
その門前町みたいなものか金包里街の人気店、金山鴨肉大王で昼食。

DSC01131_edited-1.jpg


DSC01130.jpg


DSC01124_edited-1.jpg


迫力に負けてちゃんとピントが合わせられなかったorz
選んだのはこれ。

DSC01125_edited-1.jpg




帰国後に知ったのですが、金山鴨肉大王は文字通り鴨肉と海鮮料理が美味しいらしい。
あまりの人々の活気に圧倒されて、店名などは分からなかったのだw
鴨も食べてみたかったけれど、海老もイカも美味しかった。
中華料理というとコッテリのイメージだったけど、薄味で上品な味付けでした。


折角なので、金包里街を散策して
阿玉麻佬で試食をさせてもらって出来立ての花生粩を購入。
パッケージのまんまの絵のお母さんは、笑顔がチャーミングで可愛らしい女性でした。
日本のカールを白くして、周りにピーナッツがコーティングされているお菓子は、サクサクとして優しい甘さがたまらない。

DSC01128_edited-1.jpg


DSC01153_edited-1.jpg


DSC01154_edited-1.jpg




ここから淡水方面に向かい、石門洞という景勝地で下車した。
岩にできた自然のトンネルと、貝殻の砂浜が有名らしい。
この時は満ち潮だったw

DSC01138_edited-1.jpg


DSC01139_edited-1.jpg




再び車を走らせて淡水に到着。
夜市の前の時間帯で、まだ人出が少ないけれど綺麗な場所でした。

DSC01141_edited-1.jpg




そのまま台北市内に戻り、徐さんのお店につくと奥様が夕食を作って待っていてくださった。

DSC01144.jpg


DSC01145.jpg

とても上品で優しい味付けの筍と肉団子のスープや、筍のオムレツ・
空心菜の炒め物など山盛り。
台湾では筍の旬が2度はあるそうで羨ましい。
お腹がはち切れそうになりました!ご馳走様でした!



[ 二日目後半終了 ]
posted by AE-1 at 16:08| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

台湾旅行3(二日目前半)

本日は昨日お邪魔した
天圃茶莊の徐さんのご案内で、台北市から出て郊外を観光しました。
徐さんのお友達の運転手さんにお願いして、貸切観光タクシーです。


その前に本日の朝食は、蜜世界で購入した果物攻めです。
釈迦頭は追熟のため後日に回し、ドラゴンフルーツと龍眼に春水堂のタピオカパールミルクティー。
ドラゴンフルーツの外側の側を剥いてみたところが真ん中です。

DSC01057_edited-1.jpg


DSC01059_edited-1.jpg



ドラゴンフルーツの中身は白に黒のプツプツ種かと思ったら、濃いピンク色に黒のプツプツ。
一口いただく … まずい … 味のしない梨か桃のようです_ノ乙(、ン、)_
イツカ オイシイ ドラゴンフルーツ タベラレマスヨウニ
ええ鬼のように龍眼を食べました。
そんな訳でMRT雙連駅近くの老董牛肉細粉麺店で葱焼餅を持ち帰り。
麺類は食べたこと無いけど、店先で買う分には特に問題は無いな。
サクサクして温かくて美味い。

DSC01060_edited-1.jpg




徐さんのお店の天圃茶荘で待ち合わせ。
奥様とお孫さんに見送られて出発。

DSC01061.jpg



台北市内から30分くらいで基隆に着きました。
基隆の観光案内
海岸線に程近いところに目的の仙洞巖がありました。

DSC01076_edited-1.jpg


DSC01065_edited-1.jpg


うっかりすると通り過ぎてしまいそうですが、海岸線の道でこちらの斜向かいです。

DSC01077.jpg




階段を上っていくと、入り口の横に黄金の大仏様がいらっしゃいます。

DSC01062_edited-1.jpg


DSC01064_edited-1.jpg





真っ直ぐに進んでいくと、一番奥に3体の仏像が置かれていますが、
途中にも岩に彫ったものもあり、面白い洞窟でした。
入り口に程近いところには左横方向にもいける穴があり、奥にも仏像が置かれています。
ピンボケで申し訳ありませんが、この横から入っていきます。

DSC01070_edited-1.jpg



こちらは大人の男性だと、かなり屈みながらじゃないと大変そうでした。
割と狭いところで徐さんがモデルになって下さいました。

DSC01068_edited-1.jpg



私も何枚か写真を中で撮ったのですが、ブレブレでお見せできるものはありませんでした。
もっと修行せねば。


次の野柳地質公園に向かう途中の車窓からパチリ。

DSC01083.jpg


DSC01085.jpg




野柳のことは今回はじめて知りました。
台湾の人は大好きな観光地だそうですが、日本の旅行案内本やネットにも殆ど情報がないのが残念です。
台北市内から30分程度で行ける所で、本当に素晴らしい眺めのところでした。

DSC01086_edited-1.jpg



野柳地質公園の手前に眺めの素晴らしいところがあり、ちょっと停車していただきました。

DSC01088_edited-1.jpg


DSC01091-1.jpg


DSC01095_edited-1.jpg


台風の風の影響は残っていて、ものすごい風圧です。
地吹雪の経験はありますが、その砂版でしょうか。
砂が非常に細かいのでコンタクトの人は涙モノです。
台風中継の人状態で、話すのも立っているのも困難でしたw

ここから車で1分の野柳地質公園へ。
台湾の方を除けば、私達以外は中国からの観光客ばかりでした。
こんなに良い所なんだから、もっと日本人も来ればいいのにな。

きのこ岩がポコポコ生えているようです。

DSC01101_edited-1.jpg



女王頭はネフェルティティを思い出しました。(実物見たこと無いんだけどね)

DSC01104_edited-1.jpg




サンダルのような岩

DSC01105_edited-1.jpg




燭台石

DSC01116.jpg


赤のラインは、それより先は行くの禁止のラインです。


化石

DSC01113.jpg




かなりの強風で白波が遠くまで飛んできました。

DSC01107_edited-1.jpg




昼顔だと思うのですが、日本のものより紫がかっています。
強風でシオシオになってるな。

DSC01120.jpg




建物の中では、日本語で野柳の説明が見られるスペースもありました。



[ 二日目前半終了 ]
posted by AE-1 at 23:28| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾旅行3(一日目)


最近はまっているように思う台湾に、今年も行って参りました。
今回も3泊4日の日程でしたが、台風が3つも囲むように接近(;・∀・)
かなり晴れ女の自覚はありましたが、一日目に少し降られたくらいで晴れ。
持参の雨合羽を使うことも無く、普通の日本の雨程度の降りでした。
しかし台風が来るとなると夜市のお店は開かないことも多く、その点は残念でした。



今回はANAの午前便。
窓側席だったけど翼の真ん中のため、風景は翼以外ほとんど見えません。

DSC01042_edited-1.jpg




たぶん九十九里海岸。

DSC01043_edited-1.jpg




気流の関係で多少は揺れましたが、昨年の某航空会社のに比べたら全然揺れませんw
機内食も日本からのは美味しかったです。
煮込みハンバーグだったかな?

DSC01044_edited-1.jpg




ホテルにチェックイン後に、昨年も伺った天圃茶莊へ。
今回の手土産は、大宰府にある藤丸さんの清香殿。(写真撮り忘れでリンクで失礼します。)

千利休四百年忌茶会によせて創製されたお干菓子です。
外側は取り易いように少し乾いた感じがしますが、中は柔らかい優しい味の
和のマシュマロのようで、一粒の小さな大徳寺納豆が全体の味を引き締めてくれます。
太宰府天満宮方面にお店があるそうで、お参りの帰りにも寄れそうです。
他のお菓子も美味しいとの事で、直接お店に行ける方が羨ましいです。
清香殿など地方発送できるものもありますので、お電話でお問い合わせください。


【 藤丸 】福岡県大宰府市宰府3丁目4-33
     092-924-6336



楽しいお話と共に、美味しい阿里山のお茶をGet出来ました。 
その後は今回もご案内お願いしてしまいました。
はじめに今年も来ました蜜世界w
時間が早くてネオン全開じゃないわねゲフンゲフン

DSC01051_edited-1.jpg




釈迦頭もドリアンも龍眼も山積み。
しかも24時間営業という恐ろしい子状態ですw

DSC01045_edited-2.jpg


DSC01046_edited-1.jpg


DSC01047_edited-2.jpg


DSC01048_edited-2.jpg


DSC01049_edited-2.jpg




その後は雨が降ってきたので、タクシーで足ツボマッサージ店に移動。
昨年ご紹介いただいたお店(足豪養成館)は残念ながら閉店されたとのことで、
より行天宮に近いお店の大極堂さんにご案内いただきました。
痛キモ系ですが、終わる頃にはすっかり足が軽くなりました。
なぜか店長と猪木の写真が不思議ですw

行天宮に少し寄ってからタクシーでホテルに戻り、荷物を置いて再び外へ!
MRTで移動し、昨年に美味しい小龍包と思っていた明月湯包で夕食。
店内に入ってから焼き餃子も美味しいとの情報を入手し、そちらも食べる気満々。
あっ、写真撮り忘れ…悲しい小龍包「明月湯包」

DSC01056_edited-1.jpg


相変わらず、優しいお味のスープで旨いっ!
針生姜も無くなるとすぐに持ってきてくれますし、お茶もこまめに入れてくれます。



焼き餃子と間違えた「浄素蒸餃」。
しかもこの段階で写真を撮ることを思い出す始末。
後から考えると餃子は「鍋貼」だから、「招牌鍋貼」だったんだと思う。
「浄素蒸餃」は高菜みたいなお味で、サッパリとした菜っぱの蒸し餃子でした。

DSC01055_edited-1.jpg





「韮泥松坂肉」はイメージと違ってたw
「泥」って?「松坂」と言えば牛?とか思って頼んでみる。
茹で豚の下にモヤシが敷いてありました。
スパイシーなタレで、ビールが欲しくなります。

DSC01054_edited-1.jpg




伝票が置かれて数量を書き込んで注文のスタイル。

DSC01052_edited-1.jpg


DSC01053_edited-2.jpg




この時点でお腹が苦しーいので、ホテルに戻りました。

----------  [ 一日目終了 ]  ----------
posted by AE-1 at 14:08| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

台湾旅行2(4日目)

うっかり寝坊しました。
阜杭豆漿店に行くにはラッシュのMRTなんだよな。
そんな風に思い、一度くらいホテルのビフェでも良いかと。
まずくはないのですが、台湾らしさが少ないかな。



昨晩に格闘した釈迦頭は、クリーミーで酸味が無く、強い甘さがあって日本には無い味でした。
簡単に手で割れるので、半分を片手で持ちながら種周辺の白い部分をスプーンですくって
食べるのが楽な食べ方のように思います。
時期に行かれた方は、是非ご賞味を♪



午前中に旅行会社のバスにピックアップされて、お馴染みの免税店へ。
ブランド物というよりも、お土産屋ですね。
30分しかなかったので、ここの美味しいマンゴージュースを飲んで空港へ。
手続きが空いていてあっという間だったので、紙パックのジュースを購入してみました。
楊桃とは後で調べたらスターフルーツのことでした。

DSC00632.jpg

DSC00633.jpg

とても美味しそうなジュースに思えた。
一口ゴクリ ヽ(゚∀゚)ノ 
脳天が割れそうな甘さでした。。。_ノ乙(、ン、)_



帰りの機内食。

DSC00634.jpg



行きとは違い、えらく静かな飛行で成田に着きました(^^;
足も楽〜♪元気に家に帰りました。

----- 4日目終了 -----

posted by AE-1 at 23:37| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾旅行2(3日目)

今朝も昨日と同じ阜杭豆漿店へ。
ちゃんと「冰」を入れた紙を持って注文。
絵的には変わりは無いですが、温かいのも冷たいのも甲乙付けがたい。

DSC00619.jpg



一旦ホテルに戻り、MRT中山駅近い春水堂(本店)へ歩いて行きました。
日本人観光客も多いですが、地元の方も多いお店でした。
珍珠奶茶(タピオカミルクティー)の中をオーダー。
そして出てきたのがこれだw

DSC00620.jpg




大きさは日本の居酒屋で、「生大一つ〜!」の際のジョッキに見えます。
この後の灼熱地獄のような気温のなかを歩く際には助かりましたが、日本人は
小を選んだほうがお腹がタプンタプンにならないかと思います。
アッサリした甘さなので、気が付けばぐいぐい飲んでました(;・∀・)



春水堂を後にして、問屋街としても有名な迪化街へ。
蒸籠なども欲しかったのですが、鞄の都合でドライマンゴーを購入。
やはり台湾マンゴーは、ねっとりとした甘さがあって美味しい。
問屋さんだけあって、お茶屋さんでお茶請けとして買うよりも安くて量もたっぷり。

台北市内では犬はよく見ますが、猫を見たのは2回だけ。
乾物屋さんの前に居た猫さん。
親しみの湧く柄をしてらっさるw

DSC00623.jpg



DSC00622.jpg

DSC00621.jpg


永楽市場にあるで林合發油飯店で油飯を買いました。
日本のおこわに似ていて、煮た椎茸とよく合うわー。
帰国の際にビニール袋に詰めてお土産にするという人がいるそうですが、分かるような気がします。
本当はチキンと煮卵を付けたかったんだけど、既に売り切れ。
地元でもかなりの人気店のようです。

永楽市場は1Fは主に食料品、2Fと3Fが布や縫製のお店という感じです。
建物内の狭い通路にも、そのままバイクが入ってきたりしますのでご注意を。

ここから同じ迪化街でくくられる「佳興魚丸店」に向かう。
しかし似たような漢字の道路表記に惑わされ、3kmは余分に歩いた気がするorz
何とかお店にたどり着き、「昨日来た子ね」的なオバちゃんの笑顔に癒されながら、
やっぱり魚丸湯と乾麺を注文していたw
さすがに歩き疲れ、一旦ホテルに退散しました。


さて、夕食は一日目に振られた明月湯包へ。
木柵線の六張犁駅から10分弱でしょうか。

DSC00626.jpg

どうして今まで先にこの店に来なかったんだろう。
凄く美味しい小龍包です。
炒め物もレベル高し!
次回に台湾に来る際には、毎日通いたいわ。


土砂降りになったり上がったりを繰り返す天気でしたが、MRT淡水線で劍潭駅に移動し、やっぱり食べたい辛發亭の雪片氷!

DSC00629.jpg



その後はMRTとタクシーを乗り継ぎ、初日に行った足豪養生館で足ツボマッサージをお願いしました。
お陰で帰国してからも、非常に体が楽でした。

----- 3日目終了 -----
posted by AE-1 at 22:47| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾旅行2(2日目)

台北での朝食は、ここに限ると思っている阜杭豆漿店
本などの案内には善導寺5番出口を出てとあるが、こちらは地上まで階段です。
階段が嫌いな方は、ちょっと建物を回り込みますが6番出口のエスカレーターで地上に出られます。
お店は華山市場の2Fなのですが、今回行ったら1Fが綺麗になっていて驚きました。

DSC00596_edited-1-1.jpg

DSC00597_edited-1.jpg

DSC00598_edited-1.jpg

食べていくので内用に並び、朝食をゲット。
紙に書いていったのですが、うっかり冰豆漿の「冰」を書き忘れて温かい豆漿になったのもご愛嬌。
久しぶりに美味しい豆乳系御飯でした。
やはり朝早いほうが、こちらのお店は空いていますね。


故宮博物館に行くには早過ぎたので、一旦ホテルに戻り二度寝w
MRTとバスを乗り継ぎ、故宮博物館へ行ってまいりました。
相変わらず、アイドルの白菜ちゃんと角煮ちゃんは、部屋から溢れんばかりの人人人。
やはり開館と同時に308(白菜と角煮のある部屋)に向かうか、団体がいなくなる15時以降が良いのかも知れない。
博物館内の喫茶店でお茶をしたりして足の疲れを取り、たっぷりと見る事ができました。
帰りはどうしようかと思っていたら、案の定こういう所の怪しげなタクシー運転手に話し掛けられそうになるw
なので、さくっとバス停に行き、最寄のMRT士林駅まで出てホテルに戻りました。

お土産のパイナップルケーキを買いに出て、帰りに土砂降りになってしまったので
タクシーでホテルに戻りました。
昼間の暑い時間帯なので、無理して歩き回ることもないかとお昼寝。
一休みして、お腹が空いたところで「佳興魚丸店」
行ってみたら、大通り(延平北路二段)から入るところの上に看板が!

DSC00616_edited-1.jpg



きっと観光客が増えたから、大通りに看板出したんだと思ってました。
しかし、元在った場所に行ってみるとブルーシートで工事中。。。
一時移転なのか、本格的な移転なのかは分かりませんでしたが、こんな案内板がありました。

DSC00610_edited-1.jpg


延平北路二段の案内板の所が移転先だったようです。
リンク先地図で「Q」のところから、右に行った通りが延平北路二段です。
相変わらずの活気でした。

DSC00615_edited-1.jpg


ビックリしつつも、またあの味に出会えて嬉しかったなぁ。
魚丸湯と乾麺です。

DSC00611.jpg

DSC00612_edited-1.jpg



ホテルに戻る途中、古早味豆花でデザート(別腹なのw)
サッパリとした甘い朧豆腐みたいなイメージかしら。

DSC00618_edited-1.jpg



ブラックタピオカの豆花と、ピーナッツの豆花

DSC00617_edited-1.jpg


ピーナッツというと塩味のカリカリしたのを想像しますが、甘く柔らかく煮てあります。
香ばしいお豆という感じで違和感無かったというより、かなり美味しかったです。

そこから歩いてホテルに戻る途中、老董牛肉細粉麺店で葱焼餅や胡椒餅みたいなのを
持帰りしてお夜食に。
ここの葱焼餅は、冷めても美味しいですよ。
胡椒餅みたいな物は豚肉と牛肉とありましたが、どちらも肉汁に気を付けて食べないと
服に垂らしますのでご注意を。

----- 2日目終了 -----



【 佳興魚丸店 】で来られた方へ
posted by AE-1 at 19:14| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾旅行2(1日目)

ちょっと休みが取れたので、台湾に行ってきました。
今回は一日長く泊まれたので、ゆっくりと過ごせました。
また現地でのDeepな所もご案内いただいて、面白かったです。

既に航空会社は空きが殆ど無く、有名な中華航空で席を確保。
申込時に「お席作りますから申込できます。」って言われ、
「それはバスの補助席じゃないだろうな」と思ったのは内緒w
台湾の桃園空港着陸時は快晴ほぼ無風にも拘らず、まるで
ジェットコースター体験もでき、良い思い出になりました。

行きの機内食は、ガトーショコラもレベル高かったな。
機内食にしては美味しい方だと思います。

DSC00578.jpg



台湾の桃園空港に到着後、旅行会社の集合場所。
去年も気になったのですが、どうやらトマトではなく柿男のようです。
正面はノートPC弄っていますw

DSC00581.jpg



台湾を実感するのが、ペットボトルのお茶は基本的に甘い(砂糖入り)

DSC00580.jpg


機内食を食べたのは10時過ぎくらいで、ホテルにチェックインしたのは14時。
空腹だったので、タクシーで明月湯包に向かいました。
通し営業の店じゃなかったのね・゚・(ノД`)・゚・
途方に暮れて再びタクシーで小龍包で有名な鼎泰豐(本店)へ。

DSC00583_edited-1.jpg



久しぶりに頂く小龍包は大変美味しゅうございました。
並ぶという方も多いのですが、15時くらいに行ったせいか前回も今回も
直ぐに席に案内されました。
近くの冰館 Ice Monsterでマンゴーが多めに入っている超級芒果牛奶泡泡冰(160元)を選択。

DSC00587.jpg

DSC00585.jpg
(゚д゚)ウマー

冰館のお向かいの果物店に釈迦頭があったのでパチリ。
DSC00586.jpg



腹ごなしに忠孝新生駅まで歩き、今回初めて行くお茶屋さんに向かいました。
六柵線の中山國中駅で降り、天圃茶莊へ。
店主の徐さんのBlogはこちら(日本語)

卸しだけあって、無農薬の阿里山高山茶がこのお値段というお店です。
色々と試飲させていただき、素晴らしい手摘みのお茶が購入できました。
店主の徐さんは日本語の勉強をされていて、とても堪能といかなくても
十分過ぎるくらい日本語で会話できます。
また温かいお人柄で、この後はお店を締めてご案内頂きました。
こんなにしていただいて、本当に良いのかな〜と思うくらいです。



はじめに、10分ほど歩いたところにある行天宮へ。
こちらは商売の神様として、三国志でお馴染みの関羽様が祭られています。
行天宮では「おみくじ」無料です。
但し、全て漢字のおみくじです。



ポツポツ雨が降ってきたので、殆ど写真が取れませんでした。
すぐ近くの占い横丁で、徐さんの知り合いの占い師さんに
四柱推命の一番安いコースで占っていただきました。
日本語も堪能な方で、日本の女性タレントのMさんも来たとか。

名前:李國華相士
住所:行天宮地下道・北市民權東路興松江路口西側8号
時間:13:00-22:00・年中無休



占い師さんの所から1分も掛らない場所ですが、地元の人も良く行くマッサージ店足豪養生館に。
朝早くの電車で成田に移動し足がパンパン!
足ツボマッサージ(500元)をお願いしました。
徐さんが連れて来てくれたのだからと、肩に蒸しタオルと肩揉みサービス(*´∀`)
こちらのオーナーのお嬢さんは、とても可愛い看板娘です。
いや〜足に羽が生えたかのように軽くなり、この日はぐっすり眠れました。
帰国前にももう一度行こう!
【 足豪養生館 】10:00〜深夜1:00 
台北市民権東路二段128号
(02)2581-1868

徐さんに「美味しい釈迦頭を買いたい」とお願いしていたので、雨が降っていることもあってタクシーで移動。
5分くらいで着いた気がします。

DSC00591.jpg

蜜世界・・・何だか笑ってしまったw
24H営業で安くて良い果物が多いのだとか。
ちゃんと龍眼も試食させてくれました。

念願の釈迦頭と龍眼(ライチ)を購入。
皮は薄いけれど間違いなく味はライチだったので、日本で食べているライチとは種類が違うのかも。
甘栗を剥くみたいに爪で傷を付けて、パカンと簡単に皮が向けます。
どちらも非常に美味しかったです。
滞在中は釈迦頭が熟すまでの2日間、ずっとライチ食べまくりでした。


DSC00593_edited-1.jpg


果物を買う間タクシーに待ってもらい(徐さんが話して下さった)、すぐ近くで徐さんを下ろしてからタクシーでホテルに戻りました。
マッサージしてもらったら喉が渇き、空腹にw
歩いて15分くらいのところの寧夏路夜市で葱油餅と魯肉飯を外帯(持帰り)し、7-11で台湾ビールを買って部屋で宴会しましたw

DSC00594.jpg

卵追加(加蛋)で焼いてもらってます。

DSC00595.jpg


----- 1日目終了 -----
posted by AE-1 at 14:00| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

ガンダムを探せ2


前回ふとした思い付きでガンダムを求めて台場に赴き、
夏コミケの人出に突っ込み、見付けられずに帰宅した。

リベンジを心に誓い、今回は夜明け前に出掛けました。


あっ

DSC00550.jpg


DSC00554.jpg

DSC00555.jpg

DSC00551.jpg

DSC00556.jpg



折角なので1周する。

DSC00558.jpg




ばばーん

DSC00564.jpg



6時前だというのに、ご苦労様です。

DSC00565.jpg


レインボーブリッジ

DSC00566.jpg



お台場

DSC00569.jpg

posted by AE-1 at 21:16| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

江戸の春

サクラ満開

DSC00257_edited-1.jpg


DSC00246.jpg


DSC00248.jpg


DSC00265_edited-1.jpg


DSC00281_edited-1.jpg



土手にも春

DSC00254.jpg


DSC00253.jpg


DSC00252.jpg



ジョギングされている方々が羨ましい眺めの皇居。

DSC00300.jpg


DSC00290.jpg



やっぱり『 花より団子 』
よだれ鶏という四川料理だそうです。

DSC00250.jpg



例のデジカメ買いました。
CFカードがまだ届いていないので、説明書とにらめっこです。
今日は猫に洗面台を割られました・゚・(ノ∀`)・゚・。
取替えにいくら掛るんだろうねぇ ho orz




【 追記 】

携帯での画像になりますが、このような状況に。

090417_0756~01_edited-1.jpg


初めて撮影する画像がこれじゃ嫌でーす。
荒い携帯画像ですいません。
業者さんは明日見に来てくれるそうですが、取り寄せだろうなぁ。
土日挟んで月曜受注で当日発送と仮定しても、火曜日以降かorz
洗面台っていくらするんだよーーー
     。。  
   。     。 +   ヽヽ
゜ 。・ 。 +゜  。・゚ (;゚`Дフ。< うわぁぁぁん
            ノ( /
              / >
posted by AE-1 at 00:55| Comment(7) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笹かまの国

笹かまの国に2度ほど行ってきました。

新幹線の車内ではお弁当タイムスタート!
東京駅で購入したのは、千葉の万葉軒やきはま丼。

DSC00218_edited-1.jpg

DSC00220.jpg

なかなか美味しゅうございます。
器は重いけれど、家に持帰りたい可愛さです。



お土産は石巻の白謙かまぼこさん。
楽天にも出店しているそうです。
以前お土産で頂いたのですが、好みのお味でした。



もう一つは電話無しの和菓子のお店。

DSC00232_edited-1.jpg

DSC00233_edited-1.jpg

DSC00236_edited-1.jpg

こちらでは、みち乃くせんべいを購入。
京都のふのやきに似ていますが、黒糖なのかコクがあります。
ドラ焼きも気になるところですが、既に売り切れでした。


帰りに駅の構内で、利久で食事。
やっぱり牛タンでしょう!
サクサクとして美味しゅうございました。

DSC00286_edited-1.jpg


あー、食べ物日記ですね(^^;
posted by AE-1 at 00:33| Comment(7) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

台湾旅行2日目後半から帰国

私も歩き疲れてしまい、こんな時にとチェックしていたお店が三葉足健体療中心
何となく健康になれそうな文字が並んでおります(^^;

当初は足ツボ30分だけのつもりでしたが、施術して貰ううちに全身もお願いしたくなり、トータル60分。
最初に10分ほど漢方の足湯をし、その後にローションか乳液みたいな感じのものを
足裏に塗って足ツボマッサージ開始。
担当してくれたお兄さんは、リンク先のサイトの一番上の写真に写っている方でした。
ギャーと叫ぶようなこともなく、むしろ痛気持ちいいマッサージでした。
終わった頃には足に羽が生えているかのようでした。

続いて小姐に代わってもらい、全身マッサージ(首・肩凝り中心)だったのですが、
台湾式の?足踏みは無く、日本の一般的なマッサージとそれ程には変わらないような。。。
足は軽くて帰国してからも快調でした。


ホテルに戻り、次の目的の店は徒歩20分掛るようなのでタクシーでGO!
あまりガイドブックでは目にしないお店だったのですが、
色々な方のBlogを拝見するうちに行きたくなったお店です。
でも19時には閉店なので急げ〜車(セダン)
日本からの観光客と分かると、閉店準備していたのに店内に入れてくれました。
ちょっと一番右の字が暗くなっておりますが、「佳興魚丸店」というお店です。
DSC01467_edited-1.jpg

これがお目当ての「魚丸湯」…35元
DSC01465_edited-1.jpg
魚のツミレと、肉餡の入ったフワフワでモッチリの白いツミレのスープです。
台湾だとフワフワでモッチリを「QQ」って言うのかな?
かすかにセロリの香りがするのが何とも爽やかなスープです。
肉餡には豚肉と油葱が入っていて、この油葱が美味いんです。
こんなのです。
確か乾麺にも掛っていたかな。
このQQは、鮫を加えることで生まれる食感らしい。。。(゚Д゚)サメ!
レンゲには店名と鮫の絵が描いてありました。

もう一つが汁無し麺の「乾麺」…40元
DSC01466_edited-1.jpg
底にタレが入っていて、混ぜ混ぜして食べる。。。(゚д゚)ウマー
セロリは好き嫌いがあるかもしれないけれど、この店は日本人は大好きだと思います。
明日も食べたいな〜、空輸したいと思わせる一品でした。

佳興魚丸店
住所:台北市大同區延平北路2段210巷21號
電話:02-2553-6470
営業:9:00-19:00


すっかり暮れて、散策がてらホテルに戻る途中には誘惑の店がたくさんw
行っとけ!とばかりに寧夏路夜市に突入。

軽め〜という事で豆花の店 古早味豆花
冷えた豆花に、小豆、ブラックタピオカ、マンゴー(だったか?)をセレクト。
?な組み合わせかも知れませんが、食べると美味しかったです。
次に食べるものへの力(いや別腹?)が湧いてきました!


そこからも近い所にある雙連魯肉飯に行ってみました。
佳興魚丸店からも、徒歩10分くらいの距離でしょうか。
DSC01469_edited-1.jpg

魯肉飯の小…25元
ほのかに八角の香りのする魯肉飯は、黄色の沢庵一切れがアクセントになっております。
DSC01470_edited-1.jpg

ホテルのそばの7-11でビールを買ったんですが、「レジ袋NO」を言い忘れて1元追加されちゃった。
この日も風呂に入って爆睡してました。

----------------------------------------------------------

最終日の3日目です。
コンデジは昇天してしまいましたorz  バイバイDSC-T1


この日の朝は、昨日と同じ豆腐屋さん阜杭豆漿店に行きました。
私としては佳興魚丸店とも思ったのですが、集合が10:40とのことなので豆乳。
昨日と同じメモを渡したら、おばちゃんが嬉しそうに声を掛けてくれました。
台湾の方は優しい人ばかりだったなぁ。

食後はホテルの一つ前の駅の中山駅で降り、タピオカ入りミルクティーで有名な
春水堂で珍珠〔女乃〕茶を持帰り。
※〔女乃〕で一文字です。
確か持帰りだと30%ほど安かったと思います。
余裕があれば乾麺と魚丸湯も行きたかったけれど、お腹がタプンタプンでパス。
ホテルで飲みながらテレビ見てました。

現地のテレビを見ていると、通販番組をやっておりました。
この時は「ダイエット酵素飲料」特集です。
パパイヤ酵素とか澱粉対策酵素?とか入っていて、興味津々。

「あなたの大好きな屋台の食べ物の○○のカロリー知ってますかー?」
「えー、そんなにー!ちょー凄いんだけどー。」みたいなーノリでした。
台湾に来てから食べてた物ばっかり出てたじゃないか。
帰国したら体重が1.5s増えてましたorz
「3泊4日で台湾に来る日本人は、2.5sくらい太ってから帰るよ。」
そんな事を行きのガイドさんに言われたなぁ。


バスにピックアップしてもらって、DFSに寄ってから空港に到着。
空港内のスタバで時間を潰し、JL648便で台北14:30発、成田18:40到着でした。
こちらの機体は新しくって、エコノミーでも各座席で映画などが見られました。

行きの飛行機はで大スクリーンだけで、仕方なくジブリ特集の音楽を聴いていました。
「崖の上のぽにょ」になると思うとアナウンスが入ったりで、また1巡して
他の曲を15曲ぐらい聴かないと「ぽにょ」にならない!
そして1巡すると別のアナウンスが入るんだなorz
気が付けば台湾に到着だったっけ。

帰りは「インディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国」を見ていました。
コントローラーの接触が悪いのか、これまた2巡目に突入w
映画館で分からなかった細かい部分まで理解できました。
定刻で成田に到着し、無事に帰宅しました。


ピントが合わなかったり線が入っていたり、色がおかしい画像ばかりで御免なさいです。
長々とした旅行記になりましたが、お付き合いいただき有難うございました。
              
            
9/17追記
posted by AE-1 at 23:41| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

台湾旅行2日目前半

昨晩は0時頃にホテルに戻ってきたようです。
ということは、日本時間で1時過ぎまで遊んで飲み食い。。。
体重計を考えると。。。そんなの(゚ε゚)キニシナイ!!
※デジカメの調子が悪くて、ちゃんと写っていないところはリンク先でお願いします。
画像も線が入っているのもありますが、ご容赦を。


翌日は、5:30-10:30までしか開いていない豆乳屋さんに行くことにしました。
善導寺駅の出口前のビルの2Fにある阜杭豆漿店

階段を上がると店のカウンターが見えてきて、「内用」…店内で食べる、
「外帯」…テイクアウトの列がそれぞれありました。
内用に並び、注文品と個数を書いたメモを渡しました。
すぐに出て来て、テーブルに着きました。
右側の丼は冰豆漿(冷たくてホンノリ甘い)、奥の丼は鹹豆漿(茶碗蒸しみたい)
鹹豆漿は丼にタレを入れて、そこに熱々の豆乳を注いで作ります。
固まるのはニガリではなく、酢で固まるようです。
DSC01453_edited-1.jpg

食べた時には殆ど酸味が感じられないので、てっきりニガリだと思っていました。
これが何というか、後を引く味なんです。
それを揚げたての油条と食べると、本当に幸せ!
時々、冰豆漿を飲みながら朝からシッカリ食べちゃいました。

持帰りにしても安心。
カップを上からビニールみたいなので、しっかりと貼り付けていました。
鞄ならば突っつかない限り大丈夫そうです。


この後は、台湾観光の定番の故宮博物館に行きました。
順路通りに丸々2時間歩いていたら、かなり歩き疲れてしまいました。
でも翡翠の白菜の可愛さにやられてしまった。
イメージしていた白菜よりも小さかったけれど、キュートです。
夏場のスーパーで1/4にカットされているくらいの大きさでした。
いや、どんだけ大きな白菜を想像していたんだかw

この後は日本でも小龍包で有名な鼎泰豊
日本では熱くない小龍包だったけど、台湾の本店は熱々。
今回は思い切り小龍包を食べるのが目的。
空芯菜の炒め物を食べながら、蒸し上がるのを待ちました。
日本で食べる空芯菜より、エグミが無いのはなんでかな?
DSC01460_edited-1.jpg

17個近く食べてしまった小龍包
DSC01461_edited-1.jpg

今夜は明月湯包で小龍包を食べ比べ〜、なんて思っていたのに無理っす。


鼎泰豊のすぐ近くにある冰館 Ice Monster
DSC01462_edited-13.jpg

こちらで新鮮水果牛奶冰(160元)を食べたのですが、デジカメが動きませんのでリンクです。
マンゴーだけじゃなくって、他のフルーツも激ウマです。
小龍包で死にそうなお腹なのに、なぜ入る?。。。別腹?
あばばばば

ここら辺でマッサージ組と分かれて、買い物に向かいました。
マッサージ組みはBRUCEさん予約。
買い物組みは、amoの忠孝復興駅近くの支店でパイナップルケーキ(鳳梨酥)と荷蘭貴族手工蛋を購入。
DSC01463_edited-1.jpg

地図を確認のため?、中山駅前にある台北牛乳大王に入店。
パパイア牛乳をゴクリ。甘さが控えめながら、美味しいです。
DSC01464_edited-1.jpg

ちょっと迷いながらもお茶屋さん新純香に到着。
各種お茶請けと、3種類お茶を試させてもらいました。
日本語は完璧な方がいらっしゃるので、楽しくお茶を選べます。
後でHPがあることを確認したら、台湾の楽天にも出展していたようです。
日本からも台湾の楽天って注文できるのかな?
「四季春」という烏龍茶が美味しかったなぁ。
舞茸チップスも(゚д゚)ウマーです。

それから、中山駅近くの新光三越に入っているZAXというチャイナ系の可愛い服屋さんに行ったのですが、欲しい服の色が売切れてしまっていて断念。

ホテルの最寄り雙連駅まで戻り、胡椒餅(40元)と葱抓餅(25元)を持帰り。
胡椒餅は、肉餡にほんのり八角の香りに胡椒がピリリ!
葱抓餅は海苔巻きのように中に葱を入れ、それを円盤みたいに巻いて、上から少し伸ばして焼いたもの。
食べるとサクサクとしたパイのような層になっています。
シンプルな塩と胡椒味ですが、とっても美味しい。

流石に私も足が棒になっていたので、ホテルに戻って一休み〜。
2日目の後半はもう少しお待ち下さい。
posted by AE-1 at 23:52| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

台湾旅行1日目

2004年のサッカー・ワールドカップの時、東京は外国の方が多かった。
道を尋ねられたり話をしたりという機会もあり、ちょっと思い出深いイベントでした。

特に印象深かったのは台湾の方でした。
英語と漢字の筆談での会話という怪しさではありましたが、目的地までご一緒して、
とても楽しい時間を過ごさせて貰いました。
その際に台湾人は日本人にとても親切だし、楽しい所だから
一度台湾を旅行してみてと言われました。
(連絡先は交換しなかったので、そのままバイバイしました。)

この事があってから行きたいと思い続け、行った方のBlogを見たりな日々でした。
2泊3日の弾丸ショート旅行ではありましたが、やっと行くことが出来ました!
困った時には話しかけてくれたりと、本当にどなたも親切な方ばかり。
アジアでもう一度行きたい国はと聞かれたら、台湾と即答します。
また必ず行きたい!

-------------------------------------------------------------- 

前置きが長くなりました。
成田からJALの16:45発の便で台湾へ。
チェックインを待っている間、飛行機の後ろの方に虹が何度か掛っていました。
お隣の飛行機ですが、窓越しなので虹が見え難いかな?
DSC01431_edited-1.jpg

富士山や名古屋の辺りも良く見えました。
DSC01435_edited-1.jpg

火口付近を拡大(明るさなどを補正してあります。)
DSC01437_edited-1.jpg

1時間の時差があるので、現地に19:20到着。
ホテルのある台北市内まではバスで30-40分くらい。
私達は最後に下ろされたので、ホテルには20:30頃かな。
そして台湾といえば「夜市」という事で、一番賑わう士林夜市にGo!
もうB級グルメの食べ歩きexclamation
数人で行って、小さいサイズを頼んでシェアーすると楽しいです。

鰹だしで、ショート素麺のスープパスタみたいな麺線
(パクチー抜きも出来ます)
こちらは西門に本店がある阿宗麺線の士林支店

DSC01447_edited-1.jpg

DSC01446_edited-1.jpg

これは小サイズです。
DSC01445_edited-1.jpg

牛乳カキ氷で有名な辛發亭
DSC01448_edited-1.jpg

DSC01449_edited-1.jpg

珈琲雪片と新鮮マンゴー雪片
DSC01450_edited-1.jpg

他にも餡が八角風味の肉まんみたいな生煎包?や、〔虫可〕仔煎(牡蠣のオムレツ風)などを持帰り。
※虫可で一文字です。
こちらのお店の〔虫可〕仔煎を持帰りにしました。
日本語で書かれたメニューがあります。
DSC01451_edited-1.jpg

美食市場をウロウロしているうちに、デジカメのS○NYタイマーが点滅。
この日の撮影は終了しました。
どれも美味しかったですよ〜!
posted by AE-1 at 22:19| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

掛川花鳥園(4)

カラフルな鳥達

本当に色鮮やかな鳥達が沢山おりました。
テレビや本などでしか見たことが無い鳥が腕に乗ったり、餌を食べてくれたりと夢のような時間。
チョコボールのキョロちゃんみたいなオニオオハシ。
パナップな人は忘れる方向でw
IMG_5558_edited-2のコピー.jpg

クリハシオオハシ
IMG_5588_edited-1.jpg

ギニアエボシドリ
IMG_5585_edited-1.jpg

キンケイかな?
IMG_5592_edited-1.jpg

ショウジョウトキは鮮やかな赤いトキ
IMG_5573_edited-1.jpg

白孔雀も
IMG_5574_edited-1.jpg

インド孔雀も普通に人間と同じところを歩き、おやつを貰ったりしている。
IMG_5586_edited-1.jpg
               
            
ここからは脱線
posted by AE-1 at 22:06| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掛川花鳥園(3)

今回は白頭鷲のフライトショーです。
アメリカ合衆国の国鳥で、羽を広げると2m近くにもなります。

鷹匠は英国人のギャリーさん(日本語ペラペラ)。
英国では鷹や鷲のフライトショーが、200ヶ所近くで見られるのだとか。
恥ずかしながら私は、鷹匠は日本固有のものだと思い込んでいました(^^;
このショーに出演していた白頭鷲は、4sの重さだとか。
4sを腕一本に乗せるなんて。。。3sの猫でも無理っす。

ギャリーさんと白頭鷲の登場
IMG_5661-1.jpg

ショーの開始
IMG_5673.jpg

ん?
IMG_5674.jpg

んん?
IMG_5675.jpg

こっち見んなーじゃなくて、こっち来んなーなのでした。
ファインダー越しなのにへタレ全開orz
手前に来ていたギャリーさんの腕にサッと飛び乗っていました。
IMG_5677-1.jpg

こうしてみると結構可愛い顔をしています。
IMG_5678-1.jpg
posted by AE-1 at 20:58| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

掛川花鳥園(2)

今回はフライトショーに出ているベンガルワシミミズクのアスカちゃんです。
まだ生まれて4ヶ月と少しですが、立派にショーをこなしていました。
行った時には2回目の13時からのショーに出演していました。
IMG_5603_edited-1.jpg

梟は羽音をさせずに飛ぶそうです。
そのためか、羽がフンワリと柔らかいそうです。
IMG_5644_edited-1.jpg

IMG_5645_edited-1.jpg

IMG_5646_edited-1.jpg

スタッフの方の腕に止まる直前は、何故かいつもクチバシを開けていましたw
IMG_5647_edited-1.jpg

ご褒美を貰って大満足。
IMG_5649_edited-1.jpg

次の目標に向けてキリリ。
IMG_5651_edited-2.jpg
posted by AE-1 at 17:49| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

掛川花鳥園(1)

某画像掲示板で拝見してから、ずーっと行きたいと思っていた掛川花鳥園に行ってまいりました。
猫ではありませんが、何回かお付き合い頂ければ幸いです。
普段こちらにはサムネで画像を貼り付けておりますが、
それだと粒子が粗くなって何の画像だか分からなくなっておりました。
今回は大きめ画像で申し訳ありません。


変身で一躍有名になったアフリカオオコノハズクのポポちゃん。
残念ながら気持ち良さそうに目を閉じていたので、お隣のココちゃん。
左の上のほうにチラリと見えているのがポポちゃんw
IMG_5547_edited-1.jpg


ちょっと右足を上げているのが可愛かったなぁ〜。
IMG_5546_edited-1.jpg


横の睡蓮の大温室のインコさん達の声に驚いて、ちょっとキリリ。
IMG_5551_edited-1.jpg


寄ってみました。
IMG_5550_edited-1.jpg


※写真の大きさを少し変更しました。
posted by AE-1 at 21:46| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする