2010年09月08日

台湾旅行3(二日目前半)

本日は昨日お邪魔した
天圃茶莊の徐さんのご案内で、台北市から出て郊外を観光しました。
徐さんのお友達の運転手さんにお願いして、貸切観光タクシーです。


その前に本日の朝食は、蜜世界で購入した果物攻めです。
釈迦頭は追熟のため後日に回し、ドラゴンフルーツと龍眼に春水堂のタピオカパールミルクティー。
ドラゴンフルーツの外側の側を剥いてみたところが真ん中です。

DSC01057_edited-1.jpg


DSC01059_edited-1.jpg



ドラゴンフルーツの中身は白に黒のプツプツ種かと思ったら、濃いピンク色に黒のプツプツ。
一口いただく … まずい … 味のしない梨か桃のようです_ノ乙(、ン、)_
イツカ オイシイ ドラゴンフルーツ タベラレマスヨウニ
ええ鬼のように龍眼を食べました。
そんな訳でMRT雙連駅近くの老董牛肉細粉麺店で葱焼餅を持ち帰り。
麺類は食べたこと無いけど、店先で買う分には特に問題は無いな。
サクサクして温かくて美味い。

DSC01060_edited-1.jpg




徐さんのお店の天圃茶荘で待ち合わせ。
奥様とお孫さんに見送られて出発。

DSC01061.jpg



台北市内から30分くらいで基隆に着きました。
基隆の観光案内
海岸線に程近いところに目的の仙洞巖がありました。

DSC01076_edited-1.jpg


DSC01065_edited-1.jpg


うっかりすると通り過ぎてしまいそうですが、海岸線の道でこちらの斜向かいです。

DSC01077.jpg




階段を上っていくと、入り口の横に黄金の大仏様がいらっしゃいます。

DSC01062_edited-1.jpg


DSC01064_edited-1.jpg





真っ直ぐに進んでいくと、一番奥に3体の仏像が置かれていますが、
途中にも岩に彫ったものもあり、面白い洞窟でした。
入り口に程近いところには左横方向にもいける穴があり、奥にも仏像が置かれています。
ピンボケで申し訳ありませんが、この横から入っていきます。

DSC01070_edited-1.jpg



こちらは大人の男性だと、かなり屈みながらじゃないと大変そうでした。
割と狭いところで徐さんがモデルになって下さいました。

DSC01068_edited-1.jpg



私も何枚か写真を中で撮ったのですが、ブレブレでお見せできるものはありませんでした。
もっと修行せねば。


次の野柳地質公園に向かう途中の車窓からパチリ。

DSC01083.jpg


DSC01085.jpg




野柳のことは今回はじめて知りました。
台湾の人は大好きな観光地だそうですが、日本の旅行案内本やネットにも殆ど情報がないのが残念です。
台北市内から30分程度で行ける所で、本当に素晴らしい眺めのところでした。

DSC01086_edited-1.jpg



野柳地質公園の手前に眺めの素晴らしいところがあり、ちょっと停車していただきました。

DSC01088_edited-1.jpg


DSC01091-1.jpg


DSC01095_edited-1.jpg


台風の風の影響は残っていて、ものすごい風圧です。
地吹雪の経験はありますが、その砂版でしょうか。
砂が非常に細かいのでコンタクトの人は涙モノです。
台風中継の人状態で、話すのも立っているのも困難でしたw

ここから車で1分の野柳地質公園へ。
台湾の方を除けば、私達以外は中国からの観光客ばかりでした。
こんなに良い所なんだから、もっと日本人も来ればいいのにな。

きのこ岩がポコポコ生えているようです。

DSC01101_edited-1.jpg



女王頭はネフェルティティを思い出しました。(実物見たこと無いんだけどね)

DSC01104_edited-1.jpg




サンダルのような岩

DSC01105_edited-1.jpg




燭台石

DSC01116.jpg


赤のラインは、それより先は行くの禁止のラインです。


化石

DSC01113.jpg




かなりの強風で白波が遠くまで飛んできました。

DSC01107_edited-1.jpg




昼顔だと思うのですが、日本のものより紫がかっています。
強風でシオシオになってるな。

DSC01120.jpg




建物の中では、日本語で野柳の説明が見られるスペースもありました。



[ 二日目前半終了 ]
posted by AE-1 at 23:28| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾旅行3(一日目)


最近はまっているように思う台湾に、今年も行って参りました。
今回も3泊4日の日程でしたが、台風が3つも囲むように接近(;・∀・)
かなり晴れ女の自覚はありましたが、一日目に少し降られたくらいで晴れ。
持参の雨合羽を使うことも無く、普通の日本の雨程度の降りでした。
しかし台風が来るとなると夜市のお店は開かないことも多く、その点は残念でした。



今回はANAの午前便。
窓側席だったけど翼の真ん中のため、風景は翼以外ほとんど見えません。

DSC01042_edited-1.jpg




たぶん九十九里海岸。

DSC01043_edited-1.jpg




気流の関係で多少は揺れましたが、昨年の某航空会社のに比べたら全然揺れませんw
機内食も日本からのは美味しかったです。
煮込みハンバーグだったかな?

DSC01044_edited-1.jpg




ホテルにチェックイン後に、昨年も伺った天圃茶莊へ。
今回の手土産は、大宰府にある藤丸さんの清香殿。(写真撮り忘れでリンクで失礼します。)

千利休四百年忌茶会によせて創製されたお干菓子です。
外側は取り易いように少し乾いた感じがしますが、中は柔らかい優しい味の
和のマシュマロのようで、一粒の小さな大徳寺納豆が全体の味を引き締めてくれます。
太宰府天満宮方面にお店があるそうで、お参りの帰りにも寄れそうです。
他のお菓子も美味しいとの事で、直接お店に行ける方が羨ましいです。
清香殿など地方発送できるものもありますので、お電話でお問い合わせください。


【 藤丸 】福岡県大宰府市宰府3丁目4-33
     092-924-6336



楽しいお話と共に、美味しい阿里山のお茶をGet出来ました。 
その後は今回もご案内お願いしてしまいました。
はじめに今年も来ました蜜世界w
時間が早くてネオン全開じゃないわねゲフンゲフン

DSC01051_edited-1.jpg




釈迦頭もドリアンも龍眼も山積み。
しかも24時間営業という恐ろしい子状態ですw

DSC01045_edited-2.jpg


DSC01046_edited-1.jpg


DSC01047_edited-2.jpg


DSC01048_edited-2.jpg


DSC01049_edited-2.jpg




その後は雨が降ってきたので、タクシーで足ツボマッサージ店に移動。
昨年ご紹介いただいたお店(足豪養成館)は残念ながら閉店されたとのことで、
より行天宮に近いお店の大極堂さんにご案内いただきました。
痛キモ系ですが、終わる頃にはすっかり足が軽くなりました。
なぜか店長と猪木の写真が不思議ですw

行天宮に少し寄ってからタクシーでホテルに戻り、荷物を置いて再び外へ!
MRTで移動し、昨年に美味しい小龍包と思っていた明月湯包で夕食。
店内に入ってから焼き餃子も美味しいとの情報を入手し、そちらも食べる気満々。
あっ、写真撮り忘れ…悲しい小龍包「明月湯包」

DSC01056_edited-1.jpg


相変わらず、優しいお味のスープで旨いっ!
針生姜も無くなるとすぐに持ってきてくれますし、お茶もこまめに入れてくれます。



焼き餃子と間違えた「浄素蒸餃」。
しかもこの段階で写真を撮ることを思い出す始末。
後から考えると餃子は「鍋貼」だから、「招牌鍋貼」だったんだと思う。
「浄素蒸餃」は高菜みたいなお味で、サッパリとした菜っぱの蒸し餃子でした。

DSC01055_edited-1.jpg





「韮泥松坂肉」はイメージと違ってたw
「泥」って?「松坂」と言えば牛?とか思って頼んでみる。
茹で豚の下にモヤシが敷いてありました。
スパイシーなタレで、ビールが欲しくなります。

DSC01054_edited-1.jpg




伝票が置かれて数量を書き込んで注文のスタイル。

DSC01052_edited-1.jpg


DSC01053_edited-2.jpg




この時点でお腹が苦しーいので、ホテルに戻りました。

----------  [ 一日目終了 ]  ----------
posted by AE-1 at 14:08| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする